土鍋の比較・おすすめランキング(IH対応)

IH対応土鍋の比較・おすすめランキング

スポンサードリンク


湯気が立ちのぼる鍋を囲み、熱々の鍋料理に舌つづみ。その楽しい食卓に最適な鍋として、土鍋の魅力が見直されています。また、安全なIHクッキングヒーターの普及で、伝統的な土鍋の世界にもIH対応の波が広がっています。安全面で信頼度の高い国内メーカーの製品を中心に、今人気のIH対応土鍋を紹介しましょう。

なお、紹介する土鍋のサイズは、比較のために4〜5人用の9号に統一しました。ちなみに、旧来、日本の鍋のサイズは「寸」(1寸=約3.03cm)で表示されていましたが、戦後、メートル法への統一政策が進む中で、尺貫法による表示が事実上禁止され、便宜的に「寸」は「号」という呼称に変更されました。従って、9号は9寸であり、約27cmφとなります。

★ IH対応土鍋のおすすめランキング ★

〈ミヤオ〉IHサーマテック土鍋 洋風土鍋 9号


陶磁器メーカーとしての長い伝統を誇る、三重県四日市市のミヤオカンパニー。その土鍋には、洋食器の開発製造で培われた優れたデザインセンスが生かされています。ディナーテーブルの中心に置くのにふさわしい一品です。また、同社は鍋本体の製造技術やIH対応の加工技術の開発でも優れた実績あり、製品の登録商標である「サーマテック」はIH対応土鍋の代名詞となっています。マレーシア製(ただし、現地自社工場にて製造)。
[対応IH] 100V・200V。鍋底に発熱体として3層の銀膜が焼き付けられ、耐熱ガラスのコーティング処理が施されています。そのまま直火で調理することもできます。
[サイズ] 幅32.2cm×奥行27.7cm×高さ15.7cm
[容量] 約3.2L
[直販価格] 10,500円(税込・送料無料)

スポンサードリンク


〈佐治陶器〉萬古焼IH土鍋粉引9号鍋


三重・四日市伝統の萬古焼(ばんこやき)の土鍋です。粉引(こひき)はおしろいの粉を引いた様に白く、白磁の趣きがあります。やわらかな乳白色の鍋は、和洋いずれの料理にもよく合います。日本製。
[対応IH] 100V・200V。鍋の内底に円形のステンレスプレート(発熱体)と焦げ付き防止プレートをセットして使用します。プレートを外せば、直火でも使用できます。
[サイズ] 幅31.5cm×奥行27.0cm×高さ15.5cm
[容量] 約2.6L [重さ] 約3.0kg
[直販価格] 10,500円(税込・送料別)


〈ララ・ナテュール〉四季香 IH土鍋 大


ララ・ナテュールは、岐阜県土岐市のインテリア・生活雑貨ショップ「ナテュール・アヴニュ」が楽天市場に出店している通販ショップです。「四季香」(しきか)は、陶器を中心とする食器・調理器のオリジナルブランド。そのIH土鍋は、飾り気のないシンプルなデザインで、洋風鍋のたたずまいです。日本製。
[対応IH] 100V・200V。鍋の内底に円形のステンレスプレート(発熱体)と遠赤効果・焦げ付き防止効果のある陶製プレートをセットして使用します。プレートを外せば、直火でも使用できます。
[サイズ] 幅33.0cm×奥行27.5cm×高さ15.4cm
[容量] 約3.0L [カラー] 白・黒
[直販価格] 10,290円(税・送料込)

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

一生使える鍋の選び方〜おすすめ人気ランキング〜:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://nabe.ikuji-park.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。